第1回発達障害指導者交流会開催報告@太田市福祉会館

7月23日(土)太田市福祉会館で
第1回発達障害指導者交流会を開催いたしました。
事務局長三田より活動報告いたします。

第1回目は参加者14名での交流となりました。
(ぐんまHHCからは代表関根(医師)、佐伯(スクールカウンセラー)
 柏瀬(栄養士) 三田(事務局長)4名と 指導者9名)

主な目的は発達障害へ関わる指導者の方
(放課後デイサービス運営スタッフ、小学校の悩み事相談員、
発達障害児ピアサポートの会主宰者などの現場の指導者の方々)が
垣根を超えた交流と情報交換ですが、
それと同時に今回は
ぐんまHHCの「発達障害支援活動」の運営委員会の発足を
確認させて頂く、大切な会でもありました。

おかげさまで、参加者の皆様の同意を得まして、
この運営委員会を定期的に開催することが決定され、
皆様にぐんまHHCの活動を支援して頂けることに!
現場指導者の方々のバックアップ、本当に心強いです!

簡単にですが、当日の議事録を抜粋して
シェアさせていただきます。

**********************
【交流会内容】

1.ぐんまHHC代表より挨拶(関根)
⇒発達障害に関してまだ治療が確立されていない
 病院での中では解決できない問題が山ずみ。
 福祉、教育に関わる皆さんと知恵を出し合いながら
 より現場に近いものを創り上げていきたい。

2.参加者自己紹介
⇒皆様の現在の活動やエピソードは本当に興味深く
 感動的でした。また太田市における相談員さん達が
 担う役割の大きさを知れてよかった!(三田感想
 及び他の参加者の声)

3.事務局より(三田)
 ①ぐんまHHC H29・H30活動計画
 ②「子育てセラピー塾」の実施について
  ・発達障害支援事業 (親支援)
・運営委員会設置について
(・メンバーの確認 ・日程 ・その他)

4.参加者交流(佐伯) 
⇒ 交流会の責任者佐伯スクールカウンセラーの
 ファシリテートのもと、本当に活発な意見交換が
 なされていました。
 以下、皆様の声をシェアさせて頂きます。

◆周囲への周知について
・(親の立場で)
 お友達にどう理解してもらったらよいかわからない。
 コミュニケーション不和、拘りが強く、集団行動苦手
 見た目が(定型と)変わらないので、なかなか理解してもらえない辛さ、
 孤独感
(佐伯から)
 ⇒学校やPTAの講演会で「周知」について重点をおいて講話する
(関根から)
 ⇒受診する親御さんの気持ちが理解できた。今後配慮したい。

◆家族の理解について
・普段子供の世話をする母親は理解しているが
 お父さんの理解がいまいち。
・親御さん自身がパステル(多様化)している
(佐伯から)
 ⇒父親や家族に周知してもらえるような講演会やワークを検討
  子育てには夫婦の協力が不可欠

学校側のの対応について
・学校と家の指針が違うと子供が悩む

(佐伯から)
 ⇒学校側の色々な法律の変化に混乱
 昔:学校へこさせる主流 
 今:『命』が大事(無理に登校させて命を絶たれる危険性を配慮)  
   ・不登校やいじめの問題の根本理由が多様化していること

***********************
以上から

ぐんまHHCとして
「講演会」や「親支援の為のセミナー」を開催し、
「発達障害の傾向を知ってもらう」ことに特に
力を入れて取り組んでいくことを指針しました!

そして私たちのゴールは
従来の「グレ―ゾーン」(あいまい)のイメージを払しょくし、
「パステル」(さまざまな色)という明るいイメージを持てる
ようにすること!と一致団結!

皆様の活発なご意見有難うございました。

次回の開催は10月初旬の予定です。

13707708_1041040842659716_3004522033414967466_n13726605_1041040875993046_1951426828746181253_n13754298_1041040889326378_5270675599322351784_n13718684_1041040909326376_8110344370594869198_n

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)