私立幼稚園・認定こども園(群馬県東部地区)研究委員会研修実施報告

発達障がいの理解とよりよい支援について

 

群馬県東部の幼稚園、こども園の教諭の皆様
30名を対象に「発達障がい」の勉強会を
ご依頼いただきました。

講師はこころカレッジ講師、ぐんまHHC認定カウンセラーの
佐伯幸子先生です。

発達障がいについて

・発達障がいとは何か?
・基本的な特徴
・早期発見・早期療育の重要性
・保護者との共通理解
・対応のポイント

を、佐伯先生の実際の体験(先生は現役スクールカウンセラー
でもあります)を踏まえ、具体的に説明されました。

「発達障がい自体は問題になる障がいではありません。
問題なのは周囲の無理解により、その先にある「行きづらさ」を抱えること。
そして二次障害を引き起こしてしまうことなのです」
と佐伯先生。

講義が終わってからも多くの質問があり
とても活発な研修会でした。

発達障がい関連の勉強会や講義をご依頼頂く度に
感じるのですが、現場で実際に関わる方々の
切実な思いや、困惑した様子がひしひしと
伝わってくるような研修会でした。

やはり発達障がいについての周知啓発活動は
急務であると実感しました。

こころコミュニティーとして
ペアレンツサポートは行っていますが、
今回ご依頼いただいたような
「発達障がい」の基礎知識ついて
の勉強会はHHCでも開催しようと
思いました。

佐伯先生とは以前から
「幼稚園の先生方に周知して行きたいね!」と
お話していたので、今回は本当に良い種まきが
できたと思っています!

2月26日には
群大の岡田先生をお招きして療育に関する勉強会を
行います。
詳しくはこちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)