自分に素直に向き合えるかどうか

先日、大阪の行き帰りの飛行機で、宇多田ヒカルの歌声を聞いていたので
ふと気になって
録画していた、プロフェッショナル 宇多田ヒカル を見てみた

一生懸命、自分の中にある感覚を歌にして紡いでいる姿が気になった。
最後に
「プロフェッショナルとは何ですか。」の質問に対して
宇多田ヒカルは
「自分に素直に向き合えるかどうか。自分の嫌な部分も良い部分も含めて
自分に嘘をつかず、それを歌にしている。」

と言うようなことを言っていた。
音楽で表現する人、特有に敏感さや、繊細さが特に印象に残った。

自分に素直に生きるってのは
本当に、大変なことだから、皆、どこかで、誤魔化して生きている。
私自身、不器用だから、誤魔化すことはできなくて
ずっと、自分に素直に生きることを大切にしてきた。
だから、泣いてはいけない時に泣いたりして、今でも場の雰囲気を乱してしまうこともある。

自分が誠実に、素直に生きることを大切にしているから
大人の世界で言う
社交辞令や、おべっか、嘘も方便のようなことに気づいた時に
嫌悪感を感じてしまう。

そう、でも気づいた。
人に、強要することはできない。
自分に素直に生きるってことは、想像以上に、ずっと
勇気の要ることなんだって、後になって気づいた。
そして、人には、段階がある。
一足飛びに行ける人と、階段で一歩ずつ上がる必要がある人とがいる。

それでも、私は、自分に素直に、
マイナスもプラスも認めて、生きていきたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)