脳のエイジングケア

昨日、東京の八重洲で、ヘルシーパス主催の認知症予防の勉強会に参加しました。

多くの医師、歯科医師の方々が参加しており、関心の高さが伺えました。
私が、この勉強会に参加した最大の理由は
認知症予防の治療をどのようにしているのか、
学びたいと思ったからです。

リコード法と呼ばれる米国発の認知症アセスメント→ケアの方法を
今野裕之先生が日本で初めて実践されているそうです。
特に興味深いのが
認知症を5つに分けていて
代謝(糖毒性)、萎縮、汚染、感染(炎症)、血管性に分けて
アプローチしているとのことでした。
これは、まさに、バイオレゾナンスで日々観察していることでした。

今まで、西洋医学では、無視されていた
歯科治療のアマルガムの金属や
食べ物から入る微生物による潜在感染
また、化粧品やシャンプーなどから入る経皮毒を
認知症ケアに取り入れられているというのは
米国の予防医学が確実に代替医療を取り入れている流れであると
知ることができました。

日本では、まだまだ
重金属や潜在感染、経皮毒のことは
医療界には非常識として捉えられていますが
まさに、もう当たり前のこととして
一般化していくだろうと推測できます。

まさに、ヘルシーパスの田村社長は、
治療から予防へ
認知症治療から脳のエイジングケアへ
と発想の転換を訴えておりました。

当院で実践しているデトックスと抗酸化療法
そして、栄養療法を組み合わせた代替医療にて
脳のエイジングケアが可能だと
確信しました。
今週7日には、予防医学講座で
「ボケない生き方」と称して講座します。
ご出席される方はお楽しみにお越しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)