感情が溢れ出す

自然療法、統合医療を実践するようになってから、自分に素直に生きることができるようになってきた。実は、当院に働くスタッフもそうだと思う。

当院の診療方針、理念と共に、毎日フラワーレメディーを飲み、振動療法を受け、点滴療法を受けてもらっていると、それぞれの人生に転機が訪れたり、発展したりしている。

どうやら、そのような力が、統合医療にはあるように思う。

私は、開業した当初は、自分が怒っていることすら分からなくて、体調を崩したりしていた。

今では、泣いたり怒ったり悲しんだりする感情が、その場で溢れ出す。我慢できない。最初、周りのスタッフも動揺していたが、今では慣れていて、私に何かお花のエッセンスを飲ませてくれたり、肩を叩いてくれたりする。その場で感情が出せるので、後に引きずらないようになった。

診療していて、残念ながら、当院の理念を理解してもらえないこともある。反発する患者さんもいる。当然だと思う。今まで受けてきた医療と異なるわけだから。そんなの受け入れられないという人がいて当然だ。しかし、ご縁があって、当院に来た人たちだ。何か、変化のきっかけを求めて、当院の門を叩いたに違いない。それでも、やっぱり、変わるきっかけとは、自分のモンスターに触れることにもなるので、言われたくないことに踏み込むこともある。本人がモンスターを否定すればするほど、モンスターは私に問いかける。自由にしてほしいと。そのモンスターを自由にしてあげる権利は、残念ながら私にはない。本人のものだから。

そう。

今までは、私は、グッと我慢してきた。よそいきの顔をして、あまり踏み込まないようにして来た。時が来るまで待とうと。

でも、もう我慢はやめよう。当院の門を叩いて来られた方には、私の全力で対応すると覚悟した。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)