原点回帰

何のために生きるのか。

高校生の頃、真剣に友達と先生と話したことがある。

ある先生とは、

「人は結局、自分のために生きるのだと思う。」と主張したら、先生は

「いや、人のために生きてこそなのだ。」と言われた。

今なら、どちらも真実だと分かるが、17歳の私は真剣に先生に食ってかかった。

 

ある友達は

「私は家を建てて、素敵な服を着て、美味しいものを食べられれば幸せ。」と言っていた。

今なら、高校生がそんな話をしても、笑って話を聞けるが、その頃の私は素直に聞けなかった。

「いや、そんなことないはず。いくら物を持ったって、本当の幸せじゃないんじゃないか。」

話はそこで終わった。友達は多分、冗談で言っているか、まだ分からないだけなんじゃないかと思っていた。

が、意外と真剣に話していたのかもしれない。

 

しばらくして、気づいた。

人によって幸せって違うんだ。自己実現の目標も異なる。

ただ有名になりたい人だっている。お金持ちになりたい人だっている。

ただ、人に迷惑をかけず、後ろ指を刺されず、およそ人と同じことができれば良いと言う人だっている。

本当の幸せなんて、あまり追求しなくても生きていける。

 

でも、私は、魂が震えるような、感動する人生を送りたい。

自分の使命を果たしたい。

だから、わざわざ、困難な道を選んでいるのかもしれない。

そして、そんな自分の魂が震えるような人生を送る仲間を増やしたい。

だから、講演をしている。

 

孤高な目標を立てて、自分を追い込む。

まさに、バッチのロックウォーターそのものだ。

原点回帰。

新しいスタート地点に立つ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)