他人の軸で生きるのをやめる

開業して、しばらくの間

 

「先生、良いことしているから、もっと自信を持ってください。」

 

「先生、良いことなんだから、もっと自信を持って、患者さんに勧めて大丈夫ですよ。」

 

そんな言葉がけを、身近かな人から頂いた。

 

どうやら、私は、本当の医療を伝えるということに、片意地を張っていたようだ。そして、そこに批判される恐怖があったようだ。

 

そう、人からどう思われるかをとても気にしていた。

 

周りからどう言われるか、どう思われるかは大切ではなくて、

自分がどう生きたいのか。どうありたいのかが人生を形づくるのだ。

 

3.11が過ぎて、また、原点を思い出した。

 

私は、医療の概念を変える医師になると決めた。「学びながら健康になる」を伝えて、人が医療に対する概念を変えていく。そんな医療を創作して、世の中を変えていく。

それが自分の幸せであり、相手の幸せであり、社会の幸せに繋がる。それが私の使命である。

 

変人と思われようが、奇想天外と思われようが、覚悟したんだ。その覚悟が、ちょうど2011年3月のことだった。

 

あれから8年、自分がどうありたいかが、形になってきて、とても嬉しい。今日は、セミナーの日。本当の医療の概念を多くの人に伝える機会になるだろう。とても楽しみだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)