アセスメントの先にあること

教育の現場も、医療の現場でも
アセスメント(評価)はとても大切である。

なぜ、いじめが起こったのか。いじめっ子の家庭の事情、いじめられっ子の言動、担任の先生の言葉
などなど。
なぜ、病気が起こったのか。病気はどこまで進行しているのか。病気によって、何が機能異常を起こしているのか。
そして、その原因は何か。
などなど。

しかし、アセスメント(評価)の結果、求められることは、ソルーション(解決法)である。
現場の状況を明らかにして、そこを解決する。
解決しなければ、いくらアセスメントだけ行っても意味がない。

いじめが再度起こらないようにするにはどうしたら良いか。
いじめられた子供の精神的傷をどのように癒したら良いのか。

病気を治すにはどうしたら良いか。もっとも有効な方法は何か。

実は、その解決法を見出すことには、あまり重きを置かない。
なぜなぜなぜ?の先には、やはり、解決法が重要なのだ。

人に質問するときに
「それはどうしてですか?」
というWhyの質問は、SSTでは勧めない。
どのようにしてそれを達成したのですか。
つまり、Howを聞く。

人は、Whyを考えると、立ち止まってしまうのだ。Howがないと。

両輪だと思う。
TEFCAS理論。チェックしながら、前に進む。
前に進むことを忘れて、チェックだけしてはいけない。
医学においても、そして、実生活においても。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)