なりたい自分になるために

「私は、もともと、こういう性格でずっと生きてきたので、変えられません。」

「先生、私は、もっと頭が良かったら、海外に行って仕事をしたかった。」

「僕は、もっとカッコ良かったら、俳優になりたかった。」

「お金持ちの家に生まれていれば、こんなに苦労せずに幸せになれたのに。」

さて、あなたの夢は一生叶えられないでしょうか?

そんなことはありません。誰だって、自分がなりたい自分になることができます。

「それは、沙耶花先生だからですよ。私は無理です。」

と言う人もあるかもしれません。その「私は無理です。」が現実化して居ます。

人は、自分が思った通りの自分になります。

では、そんな理想の自分になるために、実践して欲しいことは2つ。

 

1、理想の自分にふさわしい自分のイメージを持つ

セルフイメージを変えると言うことです。

あなたが、明るい性格になりたかったら、自分が天真爛漫な明るい人であると想像してください。

あなたが英語を話したかったら、外人さんとペラペラ英語を話している自分を想像してください。

あなたが、イケメン(美人)になりたかったら、自分がそうなったと想像しましょう。

自分のなりたいイメージを膨らませてニヤニヤと想像してみましょう。

 

2、毎日の小さな行動を変える

人は、性格を変えるには、時間がかかります。しかし、行動は今からでも変えることができます。

あなたが、明るい性格になりたかったら、毎朝、同僚や友人たちに大きな声でトーンを上げて挨拶してみましょう。いつの間にか、明るい自分になれるでしょう。

あなたが、英語ぺらぺらになりたかったら、5分で良いので英語で話しましょう。駅や街角で外人さんを見かけたら、積極的に話しかけましょう。

あなたが、イケメン(美人)になりたかったら、そうなった自分を想定し、自分にふさわしい服装や髪型、話し方を身につけましょう。いつの間にか、自分の理想に近づいているでしょう。

セルフイメージを更新し、小さな習慣(行動)を変えていくことで、自分の人生を切り開き、理想の自分になることができます。

ぜひ、なりたい自分になりましょう。