「新しい価値観の創造こそがビジネスである」

ベスリクリニック院長の田中伸明先生の本を読んでいて感動した。

その名も「究極のロジカルシンキング 田中教授の最終講義」だ。

先日、ベスリクリニックを見学させて頂いた際に、
田中先生のビジネスのモデルとなっている考え方を
お伺いする機会に恵まれた。
その時に、田中先生から発せられる言葉は、
非常に明瞭でロジカルシンキングそのものだった。
後日、この本を拝読させて頂き、そのルーツがよくわかった。
神経内科である田中先生は脳のしくみから、
我々がいかに自分の解釈の中で生きているかを解く。
脳の中で作り出すルール、価値観によって
目に映る事柄が変わってくる。
このルールによって、いつも同じ失敗体験を繰り返す人と、
成功体験を繰り返す人に分かれる。
実際に起こっている事象は、あまり大きな差はないのだ。
うつがあるから、仕事がうまくいかないのではなく、
仕事がうまくいかないからうつになる。
では、仕事がうまくいくためにどうしたらよいか。
頭の中のルールを書き換える必要がある。
そのためのサポートとして、ベスリクリニックでは、
チーム精神医療を実践されている。
非常に興味深い試みだ。
最後に印象に残った言葉が
〜事業の目的はただ一つ、それは「価値観の創造」〜
なるほどと納得した。実際に、私が2年前に開業して試みて来たことは、
「新しい価値観の創造」である。

病気になったらクリニックに行って治してもらうのではなく、
自分で治す。治し方を学ぶ為にクリニックに行く。
だから、クリニックは単なる病気を治す場所ではなく、
健康学校の意味を持つのだ。
だからこそ、私たちは、自立した健康づくりを学ぶ場として
ぐんまHHCを立ち上げたのだ。
そして、当院の基本方針は、卒業がある通院だ。
自ら、健康について学び、治癒したら、クリニックから卒業してもらう。
私の中では当たり前のこととして発信していたが、
これは、いつの間にか新しい価値観の創造になっていたのだと思う。
そこに新しい顧客が生まれる。これこそがビジネスなのだ。
医療を営む者がビジネスと声高に叫ぶと、多くの方が、何だか違和感を感じると思う。
なぜなら、医療は聖職であり、お金のためではないのだという人もいる。
でも、田中先生の本を読んで、すっきりした。

ビジネスとは、新しい価値観の創造なのだ。
それによって、自他ともに発展していくのだ。
これからもサヤカ・クリニックはぐんまHHCと両輪で拡大発展していきたい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)