AIドクターとコラボ!?

何年も前から、AIが人間の脳を超えて、我々がロボットに支配されると言う懸念が話題になっていた。

将棋やチェスも人工知能が人間を超えたと言うニュースが話題となった。

では、医療はどうなるだろうか。

今や、患者さんは、自分の症状や病気について、インターネットで調べ尽くして、医者より情報を多くもって、来院されるケースもある。

医者は医学的知識と自分の経験に基づいて診療しているが、医者だって人間だから記憶力は年々低下するし、医療は日進月歩するから、新しい薬や治療法について勉強し続けないと時代遅れになる。

すると、患者さんは、この医者の評判が良いとか悪いとか口コミサイトで判断することになり、医者も市場的判断で選択され、時代遅れの医者は淘汰されることになる。

本当にそうだろうか。

私は、むしろ、AIドクターアプリが出て来て、医者は助かると思っている。患者さんが症状や状態についてYES,NOで答えて、必要な検査や治療法が提案される。おすすめのクリニックもいくつか表示される。クリニックを受診して、医者にアプリ情報を提示するのだ。

その時に、医者に求められるのは、知識ではなくて、人間性と無分別智だと思う。知識はある必要があるが、ないものはAIドクターに頼れば良い。その上で、患者さんの不安を聞いて、最適解を一緒に求めれば良い。そして、必要な生活習慣の改善や治療法を提案する。

その結果に基づいて、AIドクターは日々、あなたにメッセージを送る。

「運動不足ですよ。」

「パンの食べ過ぎですよ。」

そして、時々、クリニックに来て、医者は確認し心理的身体的ケアをAIドクターとコラボで行う。

すると、医者は大脳新皮質を多く使う必要がなくなり、非常にストレスフリーに人間的医療に立ち戻ることができるのではないだろうか。

そんな世の中の創作を仲間と考案している。

詳細は、3月30日講演会にてお話ししたい。乞うご期待!