電磁波セミナー

本日、午後は 建築士で、電磁波測定士の鷲頭美帆子先生をお招きして、電磁波について紙芝居形式でセミナーをして頂きました。電磁波とは、電場と磁場と周波数の3つの概念の複合語であるという説明から始まりました。物理学の概念を一般向けに分かりやすく説明されていました。また、なぜ、日本の電磁波事情が欧米に比べると遅れているのか、建築環境の面からもとてもよくわかりました。正確な知識を得ることで、きちんと気をつけるべきことと、やみくもに恐れる必要はないことと、参考になりました。このようなセミナーを通じて、今からできる電磁波対策、アースをとるのが当たり前の電磁波を考慮した環境づくりなどを皆で広げていけたら良いと思います。
s__2826247s__2826251

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)