電子タバコの意味

米国で、電子タバコによる死亡事故が起こったそうだ。

詳細は→こちら

米国で出回る電子タバコは、日本のものと違って、ニコチンが含有されているという点で異なるというが、本当にそれだけだろうか。

米国では、電子タバコが未成年の若者に出回ることによって、健康への被害は広がっているそうだ。

診察室で、加熱式タバコ(アイコス)を持参した患者さんから、加熱前のタバコを見せていただいた。

バイオレゾナンスで測定すると、通常のタバコと同様、化学物質、重金属まみれだった。加熱した後の蒸気の分析をした訳ではない。しかし、加熱が低温と言うだけで、害がなくなるとは推測し難い。

単に、煙が出ないように開発したとしか思えない。健康被害は紙タバコよりむしろ大きいという報告もある。

本当に不思議である。

電子タバコや加熱式タバコを開発するのであれば、もっと化学物質や汚染物質の少ないものを開発すれば良いのになあ。

私は、タバコを吸ったことはないし、タバコは無くなれば良いと思っているが。それにしても、電子タバコも加熱式タバコも、開発者の意図が分からない。