自画自賛

「医療はチームワークが大切である。」
と自治医大の地域医療学にいる頃から教わった。

医師はチームのリーダーとなり、患者さんに最善の医療を提供することができる。
しかし、一人では何もできない。
チームで理念を共有し、一人一人が患者さんのために何ができるか
自分たちで考えることができたときに
良い医療を提供できるのだ。

自分や自分の家族が他院を受診してきた
スタッフたちが、シェアしてくれた。
「当院のチームワークは素晴らしい。これほど理念を共有できている病院(クリニック)は無い。」
と。
つまり、自画自賛である。

当院にも問題は諸々ある。
しかし、ここのところ、強く感じるのは、みんなが同じ方向を向いているということだ。

そんなチーム作りに大切なリーダーの心構えは3つ

1、自分1人では何もできないと知る

2、仲間を信頼する

3、信頼した仲間に任せる勇気を持つ

「私が私が」「俺が俺が」と言っている時に、本当に良いチームはできない。
自分が一歩下がって、仲間たちに責任感を持った時に初めて、チームワークが可能になるのだ。
リーダーたる者、恐れを手放そう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)