自由になるために学ぶ

劣等感というのは、自分が大きくなるための原動力になっている。

しかし、人との比較から生まれる劣等感には終わりがない。

もっとこうなったら良いなあ。

それを達成すると、またその先があり、自己肯定感にたどり着かない。

 

学生の時は、特に勉強の成績が劣等感の種になる。

 

高校生の頃、いつまで頑張れば良いんだろうって、本当に思っていた。

大学合格したら、もうこの焦燥感の中で勉強しなくて良いだろうから、遊んでやるぞって思っていた。

大学に行ってから、本当に弓道ばっかりしていて遊んでばかりいたけれど、テストや国家試験はさすがに勉強しなくちゃならなくて、競争だった。

研修医になっても競争だった。切磋琢磨していく中で、うつに陥る友人もいた。もっともっとに終わりがなかった。

 

いつの頃からか、気づいた。

勉強は、競争のためではなく、自由になる為にしている。新しいことを知ると、新しい人生が待っている。医学も新しい知識を取り入れると、手段が増えて、患者さんの治癒に貢献できる。そう思ったら、学ぶことが楽しくなった。

開業してからは、学んだ事をすぐに実践できるので、学びの速度は速くなっているし、何より楽しい。

 

高校生と話していると、とても苦しそうな子がいる。

競争の中で息切れしている。

 

「学びって面白いんだよ。」って。

高校生の自分が目の前にいたら、言ってあげたい。

 

 

でも、あの頃は、言われても分からなかったなあ。