私が医者である意味

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ある朝、私は、スタッフNちゃんにつぶやいた。
「私、医者であることにこだわらないで生きようと思う。」
Nちゃんは即答した。
「先生、他のこだわりを捨てても良いですが、医者であることには、こだわって頂きたいのですが。」
その通りだ。
私は、医者になりたくて、大学受験をし、医師国家試験に合格し、研修医となり
そして、病院に勤め、そして開業したのだ。
つい最近38歳になったが、もう既に、人生の大半を医療に捧げている。

しかし、日々の診療で、どうしても自分の生き方に矛盾を感じざるを得ない。
私のやりたいことは、医者なのか?

私の迷いは、こうだ。

「先生、私の頭痛治りますか?」
と患者さんに言われる。
いろんなアプローチで医療を提供する。生活習慣の改善も含めて提案した。
そして、次に会ったときに、
「先生、頭痛治らないんです。」

その時、医者のとる行動は以下のいずれかであろう。
1、何となく聞き流して、その場限りの診療をする
2、生活習慣で改善していない点を促す
3、自分の診療の質を吟味する

1は避けたい。2、そして3を実行する。
「私の診療技術と知識が未熟なのではないか。」
このことを突き詰めると自責の念が高まる。私の経験不足で患者が治らないのではないか。
本を読んだり、先輩方に知恵を借りたり
様々な勉強会や研究会に参加して、知見を広げる。

そして、また別のアプローチをする。
それでも、患者さんは
「頭痛は治りません。先生に注意されましたが、砂糖はやめられないんです。だって、ストレスがよけい溜まります。どれくらい制限すれば良いのですか。そして、頭痛がひどいと、つい頭痛薬を飲みます。だって、動けないんです。」
と言う。
その時、私は、とてつもない無気力感に襲われる。
そして、おそらく、患者さんの出す結論は、こうだ。
「あの医者に行っても、頭痛は治らなかった。」

これは、実は,病院勤務時代と何も変わらない。
医療という仕組みが依存を作り出す。
こちらが提供するツールが西洋医学から統合医療にシフトしても
結局のところ依存体質は変わらないのだ。

診療の質を吟味して、その質を上げ、難病を治せるようになりたい
という医者としての夢はある。
私が理想とする統合医療を実践する先生方は、
今までの常識では考えられないが、がんやリウマチなど
難病と言われる病気に立ち向かい、結果を出している。
自分も勉強して、その先生方たちには近づきたいと思っている。
頭痛に関しても、私が気づいていない根本原因があるのかもしれない。

一方で、日本人の医療への依存体質を変えて行きたい。
病気は医者が治すのではなく、患者が治すのだ。

ここに矛盾が生じるのだ。
私が医者として、治療法にこだわればこだわるほど
患者の医療依存体質を強化してしまうように感じる。
以下のいずれも医療依存だ。
「私は、どうして頭が痛いのかしら。どの医者に行っても治らない。」
「あの医者にかかれば、治る。だから、他の医者にはかからない。」

私は二つのいずれも望んでいるのではない。
究極的には、やはり、脱医療計画。

みんなが、健康づくりを学ぶ場を提供して
子どもから大人までが、自分で学び、お互いが癒し合い
医者要らずの健康生活を送れることなんじゃないか。
病院ではなく、町で、家庭で健康の基礎が作られる。
そして、いざと言う時に、医療が手を差し伸べる。
でも主体は本人である。
私は、そんな健やかな社会作りに貢献して行きたい。

そのために、私は、医者である必要があるんだろうか。
もう少し考えてみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)