相手の気持ちになって考える

さて、診察室でカウンセリングしていて思うことがある。

「相手の気持ちになって考えてみよう。」

何か、問題が起こった時、人は、自分の視点でしか考えられないことが多い。パニック状態の時、自分の固定された考えを広げるのは難しい。

「そう言われても。。。」

と、相手の気持ちになれない人が多い。

かく言う私もそうだと気づいた。人に言っていて、自分ができていないではないか!?

常々、頭の中は、自分の生きる意味、生きている間に、どこまで世の中に貢献できるのか、究極には公のために何ができるかを考えているのだが

気づくと、自分が真ん中にいるストーリーだ。

自分がどんなチームを創るか。そのチームでどんな価値観を世の中に提供できるのか。

スタッフNちゃんのコメントはいつだって鋭い。

「先生は、いつだって、自分のことを考えてますよ。Wさんは、人のことばっかり考えている。足して2で割ればちょうど良いのに。」

人の頭の中は覗けないから分からないが、ふと気づくと、自分が主人公のストーリーしか自分で描けていないことが分かった。

ちょっと、視野を広げてみよう。相手の立場になって考えてみよう。

サヤカ・クリニックで働くスタッフの人生の目的は何だろうか。サヤカ・クリニックを訪れる患者さんの人生は、その前後でどう変わるだろうか。

他者の視点を持つと、自分の使命が明確になる。

そう教えて頂いた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)