潜在意識を活用する

潜在意識を活用すると言うと、新興宗教とか怪しい世界を考える人も多い。

ところが、これは、実に誰もが日常にしていることである。

私が、自分の潜在意識に驚かされたことが、いくつかある。

*附属中学校に受かった時

親も誰も受験を勧めたわけではないけれど、自分では、行くつもりでいた。学科試験と面接試験のあとで、最後は、なぜか親がくじを引いて決まると言う学校だった。くじ引きは私は行かなかったが、私の母親はくじ運が強く、合格した。自分の中で決めていたことが、叶った。

*医学部に受かった時

これも、自分では行くと決めていたので、その通りになった。一年は浪人したけれど、不安はなかった。

*怪我をして大学病院をやめることになった時。

もう無理だ。いつかは、病院を辞めて、群馬に帰ろうと心に決めていた。しかし、それを言い出す勇気を持たなかったため、誰かの力を借りようとしていた。そんな時に怪我をして、病気になった。自分の意識によるのだろう。

*クリニックを移転した時

もうそろそろ、クリニックを新しくしようと思った時。これは、今までと違って、かなり、自分の意識を使った。意図した。結果的に、自分の理想とした場所に、移転開業できた。

人との出会いも全て必然だと思っている。

そんな時、人は、自分の夢を強く思い描けば、潜在意識を使えると思っているが、そうではない。潜在意識のお掃除をする必要がある。本当に望んでいることと、望んでいないことを知り、自分の感情を知ることである。そして、したくないこと、マイナス感情はしっかり受け入れる必要があるのだ。

「それは、さやかさんだから、実現したのではないですか?私には無理です。」

と言ったあなたの、「私には無理です。」と言う潜在意識が現実化する。

潜在意識を追求すると結果的に、オカルト集団的な変な思考になるため、どちらかと言うと実生活で、仕事で、目に見える形で、思考を形にして行くことが健全なのだと思う。

それが、家庭であっても仕事であってもそうだ。

だから、自分の素直な思いを大切にしよう。

誰にも遠慮せず、世の中のために、自分の思いを形にしよう。