恐れを手放す

私は、今まで、セミナーで度々、こんな質問をしてきた。

「あなたは、6ヶ月後に死ぬとしたら、何をしたいですか?」

勤務医だった頃に、この質問に出会って、びっくりした。今やっていることが馬鹿らしいと思えて、自分の夢に真剣に向き合った。しかしながら、今の私にとっては、この質問自体が馬鹿げた質問である。なぜなら、今現在やりたいことに取り組んでいるから。だから、もし6ヶ月後に死ぬとしても、今手がけていることを形にすることに全力を尽くす。そして、この質問はこんな風に変化する。

「あなたは、3ヶ月後、どんな気持ちで迎えたいですか?」

これが、3日後であれ、3週間後、3年後であれ同じである。

そんな質問を自分の脳に投げかけた途端に、現実が動き出す。

未来の物語を紡ぐことは、現在の自分を突き動かすのだ。今も未来もずっと、私たちは大きな夢を描き続けては、実行に移し、実現していく。

「こんなことも叶っちゃった!」

と言い続けて、最期を迎えるんだろうな。

そう、あなたが、1ヶ月後、私の外来に来た時に、どんなことを話したいですか?あなたの未来はどんな変化していますか?

ぜひ、次回お会いした時に教えてください。