思いやり

人は、行動するときに、何を基準に何を優先するかは異なる。

仕事をする時に、もっとも優先すべきは、患者さんにとって良い医療を提供できるかどうかだ。

それを実践するために、仲間と理念を共有し、皆で知恵を出し合う。

どこまでが、私たちの仕事であり、どこからが、患者さんに協力いただくことなのか。

 

ここのところ、クリニックの空気感がとても良い感じである。皆が、理念を共有し、気遣いができるようになっている。

トラブルが起こるのは、その理念の共有が不十分で、患者さんのことを十分に考えることができず、目先のこと、自分の体裁、効率みたいなことを優先してしまったときだ。

 

なぜ、そのようなことが起こったのかを、皆で検証し、そのようなことが起こらないように、話し合う。

 

仕事で、大切なことは、相手を思いやる気持ちである。そんなシンプルなことができれば良いのだ。

 

おかげさまで、当院に体裁ばかりを取り繕うような頭でっかちの優等生はいない。柔軟でしなやかで思いやりのあるチームが作られているのだ。

 

やっぱり、チーム医療は楽しい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)