忘年会のつぶやき

先日、ぐんまHHC理事会で忘年会をした。

「今年一年、良い年でしたね。」

と話した。振り返ってみると、本当に良い年だったと思う。

何より、自分が医師に戻ることができた。

「え?医者をずっとやっているでしょ。」

と言う声が聞こえそうだ。

そうそう、医師として仕事をずっとしていたが、何しろ、開業医というのは、勤務医とは違う思考パターンで生きることを求められていたようだ。つい最近まで、そのことに気づいていなかった。

勤務医の頃。経営とか、人事とか全く考えることなく、毎日患者さんのこと、医療の質のことだけを追求していた。いつしか、開業してから、雑務に追われて、医療の質の追求というは、時間がとりづらくなっていた。気づけば、本を読む時間さえ、減っていた。

偶然ではなく、必然的に出会った仲間のお陰で、この一年は組織が大きく成長した。クリニックとぐんまHHCとチーム全体で、私のやりたい医療および社会活動を展開することができた。その結果、私は、医師本来の仕事に専念することができるようになった。本もいろんなジャンルで読むことができた。

懐かしい感覚だった。

来年は、もっともっと掘り下げて、セミナーや医療の質を追求したいと思う。

それを支えてくれる仲間に感謝したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)