志を同じくする仲間と本気で生きる

意識が拡大する時
人は公の意識に近くなるんだろうと思います。
公の意識とは何かというと
人のために自分が何を成せるのかという想いです。

人は、誰も自分だけのために生きていません。
生きている自分の使命を問う時
自分が何者かを問う時
それは、結局のところ
自分のエゴだけではありません。
それは、結局のところ人のため、世の中のため
そのことが巡り巡って自分のためになる
「情けは人のためならず」

自分が世の中のために何ができるか考えるから
進路に悩み
人生の悩みがあるのだと私は思っています。
自分のためだけ生きていたら
一人で山の中で誰にも会わずに生活すれば良いのです。
そうでないから、悩むんです。

その時に
自分の意識を大きくしていく必要があります。
そのためには、無意識を意識化していくことが重要だと思うのです。
自覚すること。

自分の目標や目的が公に近いほど
つまり、多くの人に貢献する事柄ほど
多くの人が協力してくれると私は思っています。

志を共にできる仲間と
ゴールを共有して
社会活動できることを
本当に嬉しく思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)