妹から教わったこと

私は3人姉妹の長女である。妹が二人いる。
妹二人にはあまり似ていないと言われることが多い。
Kちゃん(次女)は、息子を育てながら実家の家業を手伝っている。
Mちゃん(三女)は、看護師で、千葉で二人の娘を育てている。
二人ともよく頑張っている。
特にKちゃんは、資格を持っているわけではなく、地元で就職した後、結婚を契機に専業主婦となった。何かと家族全体で心配していた。
母として、妻としてきちんとやっていきるのか。

私がちょうど、病院勤めを辞める頃、つまり心が折れていた頃に
Kちゃんと甥っ子と共に、実家の近くのレストランでランチに行った。
甥っ子の笑顔を見ていたら、すごく癒されて涙が出そうだった。
病院勤務で身も心も疲弊していた頃である。
Kちゃんが一言。
「なんだかんだ言って、私、今幸せなんだ。」
家族中みんなで心配していた妹。
決して裕福ではない生活の中で、家族の時間を大切にして生きている妹。
その言葉を聞いてはっとした。
私は、医師という資格をとって、一生懸命働いてきたけれど、
家族との時間を大切にしているだろうか。
日々の生活を幸せに生きているだろうか。

そして私は、勤務医をやめる決心をした

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)