パラダイムの転換

新しい考え方に出会った時に、人はどのように反応するだろうか。

非常識だと言って無視する

非常識だと言って攻撃する

もしかしたら、そのようなこともあるかもしれないと言って一旦受け入れ行動し検証する

考えずに直感で鵜呑みにする

あなたなら、どうするだろうか。私は、医者になってから、何度か転換期が訪れた。頭の中がひっくり返るような考え方に出会った。それがバイオレゾナンス医学であり、統合医療だった。そして、一旦受け入れられずに保留にした時期もあった。しかし、どうしても頭の中から離れない。気になって仕方がない。自分で勉強し、今までの医療のあり方を見直すために、病院を辞め、自分なりに検証を重ねた。その検証に必要だったのが、前橋ので畳の部屋での診察だった。

その期間をへて、私は自分が提供する医療のあり方そのものを変えた。すなわち、パラダイムの転換が訪れたのだ。そうすると、私自身の生き方に変化が現れた。今まで以上にずっと自由に、ずっと楽しい人生を送ることができるようになった。そして、医師人生を一生やっても良いと思えるようになった。

このような思考体系はとてもわかりにくいので、セミナーなどで噛み砕いてお伝えしたいと思うが、お伝えした後、あなたなら、どう受け取るだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)