バイオレゾナンスの現状

昨日は、レヨコンプのユーザー向けの講習会に参加した。

ドイツでは、バイオレゾナンスの効果を検証するために、頸椎症に対して二重盲検法によるRCT臨床研究が始まったそうだ。非常に興味深い内容だった。

ドイツでは、振動療法機器を扱う会社が3社ある中で、レヨネックス社の製品のみが医療機器として認可されていると言う。さらに世界各国、特にアジアでの認可も相次いでいるそうだ。

臨床研究といえば、自治医大の大学院で学んだこと。それを活かして、臨床医が疑問にもつ内容を、当院でも研究していきたいと思う。

Yesterday, I participated in a seminar for rayocomp users.

In Germany, RCT clinical studies on cervical spondylosis have begun to verify the effects of biorezonance method. It was a very interesting content.

In Germany, among three companies that handle vibration therapy equipment, only Rayonex’s products are licensed as medical devices. In addition, it is said that there is a succession of approvals in countries around the world, especially in Asia.

I learned about clinical research in Jichi Medical University Graduate School. So, I’d like to do research about the effects of biorezonance method of mental diseases.