ドクターショッピング

「先生、薬を使わないでどうやって治すのでしょうか?」

こんな質問を診察室で何度か受けたことがある。

誤解している。

「薬は使います。薬を使っても、使わなくても、私はあなたを治すことはできません。」

「治すのはあなた自身です。それをお手伝いするのが私の仕事です。」

私は本気で仕事している。
だから、
「この先生は、どんな感じかな〜。」
と気軽に来ていただくのは嬉しいが、
医療というのは
スーパーに野菜を買いに行くのとも
デパートに服を買いに行くのとも違う。
コンビニ受診とよく言われたが
「気軽に受診して、薬をもらう。」
そんなのとも違う。

同じ病気で、同じアプローチをしても、良くなる人もいれば、良くならない人もいる。

それは、自由だと思う。
一期一会を大切に、今もっとも必要な治療法を提案し、
それを選択された場合には、実行する。
そして、生活習慣を治してもらう。
あなた次第。
医療は、「患者様はお客様」でお客様のいうことを何でもするというサービスではない。
あなた自身が、主体である。

そんな患者主体で生活習慣から見直す包括的アプローチが
アメリカの統合医療で実践されていると言う。
先日、安西英雄先生のお話を聞いて学んだ。

まさに、当院で実践しているコンセプトと一緒だった。

決して、欧米が進んでいるとは思わないが
医療においては少なくとも
日本人のお上意識を脱却したい。

自分の人生に、責任を持とう。
それが基本で
私たちがサポートできることを提供する。
そんな覚悟で日々、診療している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)