デトックスだけでは不十分だった

統合医療という分野は、学べば学ぶほど奥が深い。
分子整合栄養学を中心にしている人は、あまりデトックスのことを言わない。
一方で、デトックス治療を中心にしている人は、あまり栄養療法のことを言わない。
どちらも大切である。

有害毒素のことを考えるばかり、食べ物を制限し
粗食になり、さらにデトックスして、
結果的に栄養失調になってしまうことがよくある。

一方で、栄養療法のことばかり言って
採血の結果
サプリ、食事療法だけ伝える人もいる。
その際、体に毒素が溜まっていると
同じ栄養を摂っても十分摂取できないのだ。

両方とも大切なのだと思う。
そのバランス感覚こそが、統合医療であり
それをつなげるキーになるのが
バイオレゾナンスであると私は考えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)