セルフケアアドバイザー

当院に通院する患者さんは女性が多い。

そして、看護師や介護士などの医療者、セラピスト、美容師などの職業の方も多い。職業に関わらず、主婦の方々も含めて、女性というのは、人をケアする立場にあることに気づく。

家庭では、母親として家族のケアをする。

仕事場では、人の健康、美容のケアをする。

だからこそ、女性が元気であれば、社会全体が健康であると言える。

現在、当院での診療だけでなく、ぐんまHHCと協働で、セルフケア普及に勤めている。今後は、セルフケアアドバイザーを要請していきたい。多くの女性たちが、統合医療の知識を身につけて、それを家庭で、仕事で、活かして行けると良い。

学びというのは相互作用であるから、グループで、生徒だった人が講師になったり、講師が生徒になったり、そんな相互の学び合いができると良いと思っている。

そんな場所が、毎月のクリニックセミナーを軸にできつつあり、嬉しく思っている。

皆で学びを深めていこう。