インフルエンザ予防

インフルエンザ予防のために、多くの人が、予防接種を打つ。

予防接種を打って、それ以上は自分で努力しない。せいぜい、外出の時にマスクをするくらいだろうか。

「予防接種を打ったのに、インフルエンザにかかりました。」という人は多くいる。

本当の予防ってそれで良いんだろうかと、思う。

では予防のために大切なことは何だろうか。要点は3つ。

1、鼻呼吸

ウイルスが口から入ると、ダイレクトに気管支に入ってしまう。鼻呼吸であれば、鼻粘膜にあるIgA抗体などが防御に当たることができる。

マスクをして、口呼吸をしている人。気をつけてほしい。マスクは、飛沫感染の予防になっても空気感染の予防にはならない。ウイルスは、マスクの網目よりずっと小さい。

マスクをして飛沫感染を予防することは大切だが、きちんと口を閉じる。夜寝るときの口テープも良いだろう。

2、上咽頭洗浄

風邪予防に、手洗いうがいを勧められることが多い。もちろん大切だが、うがいは、口しかできない。本来、うがいすべきは鼻うがいである。生理食塩水で、出かけた後に鼻うがいをするのも効果的である。

しかし、難点がある。痛みを伴うのと、やりすぎると鼻粘膜を痛めてしまう。

それよりも、簡便で、効果的なのが、上咽頭洗浄である。なぜならば、上咽頭こそが、インフルエンザウイルスが体内に入る関門だからだ。

重要な関門を、エキナセアハーブや梅エキスで洗浄することを当院では進めている。

私自身も、毎日1日2回、上咽頭洗浄しているが、風邪を引きそうになったら、1日5−6回に洗浄回数を増やして対応している。すると、鼻汁が痰や咳に移行せずにすんでいる。

以前の記事は→こちら

3、休む

これが実は、もっとも大切である。年末にかけて、どこも忙しくなるため、過労になりやすい。疲れる前に休むこと。

詳細は11月13日の自立した健康づくりセミナーでお話ししよう。