もし医者でなかったら

私は、医者にならなかったら、とんでもなく生きにくい人生だったろうと思う。

医者だから、多めに見てもらって、許されていることに感謝する。

世間知らずで、人付き合いが苦手。名刺交換の仕方もよくわからない。そう言った社会人がいたら、こっぴどく叱られると思うが、医者だからという理由で何とか許されている。営業職は絶対にできないと思う。

以前、大学生のころ、寮に数ヶ月いた事がある。当然、他の学部生も一緒だった。夏休みに短期アルバイトをしようという事で、新聞社から依頼されたアンケートの電話確認作業のようなことを請け負った。私はあまりに仕事ができなかったため、途中で帰って良いと言われてしまった。他の学部生はテキパキ働いていた。同じ学生なのにすごいなあと思った。

ある一つのことに秀でている(?)ということで、他を免除してもらうというのは、甘えだと思うが、今では、十分甘えさせてもらっている。

「ごめんなさい。お願いします。」

と、潔く苦手なことは、他者にお願いすることにした。

本当に私は仲間に恵まれている。

偶然ではなく必然的に出会った仲間たちに感謝する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)