「先生、辛くて仕方ありません。」

毎回、診察室にいらして

「先生、辛くて仕方ありません。」

と言う方がいる。

「〇〇さん、何が辛いですか?」

「*`|=〜*>』。」

「お出かけしていますか?」

「はい、近所のお店に服を買いに行ったり、お友達とご飯を食べに行ったりしています。」

ほんの数ヶ月前に当院に初めて来られた時には、ほぼ、家から出ることがなかった方だ。明らかに良くなっている。それでも、〇〇さんは、辛いことしか話さない。

「〇〇さん、良くなっていますね。そんなに出かけられて。」

「いや、先生、辛くて仕方ないですよ。」

「私は、魔法使いでも、神様でもありません。あなたの病気を治すことはできません。治すのは、あなたですよ。」

「魔法の薬がないのは分かっています。前にも言われましたから。でも辛いんです。」

こんなトンチのような会話をした。聞けば、診療の後、友人とランチに行くそうだ。お変わりなく元気である。このように、弱音を吐いたり、苦しいと言える場所も必要なのだろう。