「コト体験」の本当の意味

昨年、ぐんまHHCが企画した「まち中コト体験」が
太田市のシティープロモーション事業に認定された。

詳細は👉こちら

第1弾として、新井町のそらのほし農園さんで「稲刈りコト体験」を実施し、
昨年末に「餅つきコト体験」が行われ、今年2月には「バレンタインコト体験」を予定している。

「コト体験」とは何か。
すなわち、物を買うという行為ではなく、体験するという行為に価値を置くのだ。

「コト体験とは、医療者じゃなくても参加できますか?」
という質問を受けた。
「もちろんです。」

なぜ、医師である私が、「コト体験」なのか。
不思議に思うだろう。
今から、そのことを説明しよう。

みなさんは、自転車に乗ったことがあるだろうか。
自転車の乗り方をいくら、口頭で教わっても
自転車の乗り方をいくら、動画で見ても
実際に乗ってみなければ、乗ることはできない。

水泳も同じだ。

全てのことがそうなのだ。人は学ぶ時に、見聞きしただけでは、自分のものにできないのだ。
体験して初めて腑に落とし、自分のものにすることができるのだ。

食について、いくら語っても
その大切さを伝えることはできない。
稲刈り体験、餅つき体験して初めて
星野さんの自然農法、柏瀬さんの食材の説明が腑に落とされるのだ。
その体験の素晴らしさは、体験した人にしか分からない。

稲刈りコト体験のレポートは👉こちら

だからこそ、その体験の素晴らしさを伝えるべく
ぐるっと太田さんとコラボして、動画、インタビューで発信している。
より、体験をリアルに伝えたいために、写真、文書だけでなく、動画発信を重んじた。
それでも、実際の体験には敵わない。
だからこそ、みんなに体験してもらいたいのだ。

これこそが、まち中で健康になるということだ。
農業も、産業も、建築も、医療も、全て私たちが「生きる」ことの関わっている。
この「コト体験」がまち中に広がり
ひいては、これが、生きづらさを抱える若者達の就労支援に繋がることを願っている。
「働く」ということは、誰かのために「生きる」ことそのものなのだ。

健康づくりとは、病院を出て、まち中で行われるからこそ、意味があるのだ。
医療に頼らない健康づくりこそが、健康寿命を伸ばす。
日々の生活の中にこそ、生きがいを持って生きるヒントがあり
心身共に健康に生きる糧が詰まっているのだ。

コト体験の場は、まち中にある。
まち中、至る所で、学びの場は広がっているのだ。

まち中で、人が健康になれば、本来、病院は要らない。

私が考える未来の医療機関の役割とは
病気になってから通うのではなく、
病気にならないために、通ってもらう。
現在の体の状態をチェックし、早めにケアするのだ。
これこそが、新しい医療の価値観だと思う。

まとめよう。
なぜ、医師である私が「コト体験」を企画し推進しているか。
体験する行為を通して、自分のために、誰かのために「生きる」ことの大切さを知ってもらいたいのだ。
このことが「学びながら健康になる」にとどまらない、「体験しながら健康になる」ことなのだ。
これが、ぐんまHHCが目指す、社会的健康そのものだ。
このことが、健康モデル都市おおたのプロモーションに繋がると確信している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)